新型コロナウィルスに関する私見(呼気感染≒エアロゾル感染≠空気感染からの理解)

呼気による感染

新型コロナウィルスの感染拡大が止まらない。なぜこんなに感染が拡大するのか?本当に感染経路は飛沫感染と接触感染のみなのか?ずっと疑問だった。

「呼気中にはインフルエンザウイルスが排泄されている」
https://blog.goo.ne.jp/gimmedicineuptodate/e/c41efd19e4df2ec8829fb9ded45f70e8
https://www.jpa-web.org/pediatric-related_information_20180306_a.html
https://style.nikkei.com/article/DGXMZO26992990W8A210C1000000?channel=DF140920160927&style=1

を見ると、これは2018年のインフルエンザの例であるが、呼気にウイルスが含まれているとある。

新型コロナウィルスがこれと同じかどうか分からない。エアロゾル感染がくしゃみなどの飛沫が密閉空間で漂い感染するということと理解していたが、事態はもっと深刻なのかもしれない。
呼気にウィルスが含まれている場合、例えば冬の寒い日の息をはーっとやるときの白い息の中に微量のウィルスが含まれているとイメージすればよいだろうか。

これがインフルエンザであったならば、抗体(免疫)があるので無視していいレベルなのかもしれないけれど、新型コロナウィルスの場合は抗体も何もないのでウイルスが定着しやすく、
陽性になりやすいのではないだろうか。

このように考えるといろいろなことに合点がいくのである。

医療関係者の感染

医療従事者や厚労省の職員など本来感染避けられるはずの人(飛沫感染や接触感染は避けうるスキルを持つ人)の感染がそれなりにある。これらの人が間抜けだったとは思えない。それなりに細心の注意をしていたであろう。接触感染や飛沫感染とも考えられるが、これだけ感染が広がっているダイヤモンドプリンス号の船内では人の意識の向上や隔離などあるわけだから、くしゃみや咳を直接浴びるとか、くしゃみや咳を受け止めた手でいろいろ触るとかは可能性としては少なくなってきていると思うのである。だから、これらが呼気感染しかもダイヤモンドプリンス号のような密室で濃度が高い呼気感染であったと思うと合点がいく。

「国内の医療従事者で初 男性医師が新型コロナ感染[2020/02/14 06:11]」
https://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000176222.html

「患者搬送の横浜市消防職員も感染」
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3905845.html

感染スピード

「2秒で感染、24日潜伏、節目は2月20日…中国の専門家が指摘する新型コロナウイルスの本当に重要な数字とは」
https://www.businessinsider.jp/post-207639

「わずか15秒で新型肺炎感染か 中国・浙江省、患者の行動追跡で当局が可能性示唆」
https://www.j-cast.com/trend/2020/02/06379055.html

これらは飛沫感染や接触感染の可能性も残るが、呼気感染と考えるとウィルスを含んだ呼気を吸い込んだということで理解できそうである。

不顕性感染(ふけんせいかんせん)

今回の新型コロナウィルスでは感染していても症状が出ない不顕性感染というものが多いようだ。これは呼気感染により喉や鼻の粘膜に少量のウイルスが付着しその場所で増殖中の状況を示すのであろう。PCR検査は喉をぐりぐりして、そこに付着しているウィルスを培養して判断するものであると聞いた。であるならば、呼気感染による軽度の感染を拾う確率は高くなかろうか。

またその場合は、ウィルスが胃に落ちた場合や免疫で対応できた場合は発症しないのではなかろうか。

急激な症状の悪化

逆に喉でなく気道の奥の方で感染が進んだ場合はどうだろうか。PCR検査ではなかなか引っかからずに十分に増殖したあたりで、PCR検査に引っかかるとすれば症状が進んだ段階で陽性と判断され、その後急速に悪化するように見えるのではなかろうか。

長く続く発熱と倦怠感

これは呼気感染による軽度の感染から徐々に増殖が広がっていくためと考えるとすっきりする。免疫がないため初めてのウィルスとの戦いを体が行っている状態でそのため発熱と倦怠感が長く続くものと考える。ここで勝つか負けるかが大事なところである。負けると肺炎のフェーズに移行するものと思うが、日本の現状だと負けて肺炎にならないと検査もされないし治療もされない。

感染場所と症状

素直に考えると感染場所で症状がでると思う。つまり鼻に感染すれば鼻に炎症が、喉に感染すれば喉に炎症がでると思う。目から感染した場合は結膜炎になるという理解でよいと思う。

「新型コロナ 初期症状に「結膜炎」の可能性、日本眼科医会」https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3908451.html

これから肺炎に至る過程は僕にはよくわからないが、初期症状が起きる場所を押さえることは予防として重要と思われる。

感染しないための対策

これまでの報道から推察し、対策について考えてみたい。

新型コロナウィルスは、「飛沫感染」「接触感染」する。これは国も定義している。これに「経口感染(糞口感染)」と「呼気感染(≒エアロゾル感染)」を加えて対策を考えてみたい。

飛沫感染対策

飛沫感染については移す方も移される方もマスクは有効であろうと考える。飛沫は比較的大きな粒であるが、マスクならば飛ぶのも受けるのもある程度防げるはずである。専門家がマスクは無意味という意見を散々流しているが、ロジカルに考えるとこの意見には賛同できない。完璧でないにしてもあった方がよほどいい。

飛沫さえ防げばいいので、人との距離を空けるのも有効であろう。人混み(満員電車)などは感染のリスクが高くなる。しかしながら飛沫はくしゃみや咳という症状とともに起きるからわかり安といえるかもしれない。咳やくしゃみをしている人から離れるだけで感染のリスクは減ると考えて良さそうだ。

社会的な対策として、ウィルスが十分に増殖され発熱している人などの飛沫を浴びると感染のリスクとともに発症のリスクも高くなるであろう。従って熱を持っている人を人混みから除くという対応はよく機能すると思われる。

接触感染対策

接触感染にはよく言われていることであるが、手洗いが有効であろう。人混みにいく場合はゴム手袋を利用しかつ、アルコール消毒、手洗いを行うとリスクが低くなると思われる。

ウィルスが十分に増殖された発症者の飛沫からの接触感染の場合は、多くのウィルスを体内に取り込むため感染・発症のリスクは高いと思われる。

社会的な対策は感染者が出た密室(満員電車、バス、タクシー、職場、学校)などの消毒が有効であろう。ジアイーノなどの次亜塩素酸でものについたウィルスを消毒できるとよいのであるが。

後は、ウィルスが非活性になる時間は空間に立ち入らないといった方法も考えられそうだが、心配は残りそう。

呼気感染対策

もしも仮に、呼気による感染がある場合は、まずは換気であろう。密室では呼気から放出されたウィルスがある程度の時間、空気中にとどまると考えるからだ。また換気の悪いところでは感染者の周りが危ないといえるため、例えば口臭を感じるような近くに寄らないといった対策も有効であろうと思う。

またマイナスイオンによるブロックも花粉のブロックと同じようにある程度機能しそうに思う。花粉に比べるとウィルスの方が小さいため、より有効に機能すると考える。

社会的な施策としては密室、人混みを回避するのがよいと思うが、回避できない場合は換気をしながら行うという施策が有効と思う。

呼気感染の場合は、不顕性感染からの感染も考えられるが、これはウィルス量が低いため感染のリスクは少ないと考えて良さそうだ。

さらに増殖を抑えるため、感染経路を洗うという対策は有効に機能しそうである。つまり、目の洗浄、鼻の洗浄、うがい。あまりインフルエンザには効果がないと言われていた施策が新型コロナウィルスの場合は有効に機能しそうである。

また呼気から目に入る場合も考えられそうなので、防塵めがねなどは少しは有効なのかもしれない。

経口感染(糞口感染)対策

意外と見落としがちな感染経路である。家族が感染した場合は、特に注意が必要と思う。外でトイレを使う場合は、接触感染とともに、蓋をして水を流すなどの対応が必要と思う。

社会的な共同トイレを定期的な消毒を行えば拡大は防げると思う。

感染後の対策

国は発症後4日間は様子を見ろといっている。できれば4日までに有効な治療薬でも飲みたいと思うところであるが、肺炎になるまで国は頼りにならないし、この施策では医療崩壊しているだろうから院内感染などのほうが怖い。

どうすればいいかはわからない。竹槍だけが、個人で免疫を高めるしかないのかもしれない。とりあえず葛根湯などの漢方を用意した。

終わりに

呼気感染という切り口でいろいろと考えてみた。国も現場も頑張っていると思うが、いろいろと当てにできそうにない。自分の命は自分で守る。国が後手なら、国民は先手で。中国の現状が1ヶ月後の日本の現状。そう思っている。死にたくないし、家族を守りたい。その一心で記してみた。

政治家・官僚とアイドルグループ

アイドルグループのメンバーによる不祥事での謝罪会見を見ている。他のメンバーが被害者を思いやり、仕事をする他の人を思いやり、ファンを思いやり、そして加害者を思いやり、真摯に質問に答えている。

その真摯な姿には心打たれるものがあった。翻って、セクハラ官僚のあの卑しい姿は何なんだろう。セクハラで音声も録音されていて、セクハラはしていない、嵌められたなどどの口が言えるのだろうか。でもそれあんたの発言なんでしょう。

記憶がないと言って、会ったことも会ってないとしてしまい、言い逃れができなくなると会ったということで調整する政府。総理夫人は私人であると閣議決定する政府。恫喝のように不遜な態度で資料がないと強弁する官僚。

美しい国というのは今回のアイドルグループのメンバーのように真摯な国民一人ひとりの姿勢に宿るのであって、自分たちのお友達を優遇して国民のことをないがしろにする政府でないということが今回の件でよく分かった。

うそも選挙をすればホントになるのか?

安倍政権は一体、どうなってしまったのか? いろいろな嘘を嘘とならないように一生懸命言い訳、嘘を繰り返しているように見える。恥の上塗りに見える。ほんとに嘘でないのか?

最近はTwitterも右も左も極端になってきている。悪いところは悪いと認めてもう少しお互い分かち合えないものだろうか? このままでは韓国のように政権交代のたびに、憎しみからの粛清のようなことが起きはしないかと思ってしまう。

公文書偽造という大罪。秘書官の言っていることと、県の言っていることの不一致。セクハラ親父のセクハラ否定(まぁ元々ノーパン喫茶大好きな大蔵省がルーツだから、財務省なんでむっつりスケベのアホの集まりか)。

嘘つきは泥棒の始まりとか幼稚園のときに教わらなかったのだろうか。それともトランプ大統領から、しばらくやめるなと脅されているんだか。なんでこの状況でやめないのか不思議でならない。

自民党には自浄作用があるはずなのだが、だれも声を挙げない。一緒に連立を組む、公明党には良心はないのだろうか。普通だったら連立解消してもおかしくない事態。創価学会のみなさんはそれで納得してるのだろうか。選挙のときにあんなに電話をかけまくるのだから、そのエネルギーをもっと良い政治のために使ってほしいものである。

それ以外の国民も一人ひとりが国の構成員なのだから、右も左もなく、民主主義を守るために努力したいものである。

テレビで解散総選挙を行えとか言っている人が居たけれど、選挙で信を受ければうそも本当になるのだろうか。大事なところはうそが合ったのかなかったのか。あったならごめんなさいしなさいという話だけだと思う。

みんな一緒に貧しくなる日本

日本は同調圧力が強く、みんな一緒、異質なものを排除する傾向がある。ホリエモンみたいなのは強く排除されるし、IT自体が新参者で受け入れられれない。

日本人は働きすぎというが、だらだらと仕事しているだけ。休むときはみんな一緒に祝日で休む、仕事の現場が、帰りづらい、休みづらいだけ。

祝日の日数は日本は多いのだ。http://president.jp/articles/-/21927

みんなで同じときに休んで、混んでいるときにみんなで行楽地に行っている。

高齢者の健康寿命が伸び、社会の新陳代謝ができず、経営的にも糞詰まり、能力の低い親族に経営を継がせるものだから、生産性も何も上がらず、それ以外の場合は、サラリーマン経営者が経営にあたり、現状維持にフルパワー。

なまじそういう人たちは組織の中をおよぐのは得意だから困る。そうして日本の国際的な生産性や競争力は落ちていく。

小さな国ならもっとドラスティックに変わるのかもしれないが、経済で3位、人口も1億近くいて、なかなか図体がでかく変われない。

ホリエモン見たくなりたくない人は、潜って幸せに生きるしかない。ただ確実に変わってきている。今は変わり目かもしれない。

駄文散文。

書評:一生お金に困らない生き方

お金に対する心構え、在り方が主に記されている本です。自分の価値を高めるとか、先にお金を使うとか、そういった話が書かれています。

お金に囚われると人生を振り回されてしまうので、お金に関するこういった在り方というのはたまにこのような本で見直すと良いかと思いました。

わが子可愛さ

立派な経営者だと思った人も、わが子可愛さのあまりどうしても助けてしまうものだろうか。知り合いの経営者で有能と思う人がいるのだけれど、息子のために会社を作り、ついには株主であり、役員までにしてしまった。

元いた会社から社員を引き抜いて、設立した会社だけれでど、お飾りだけの社長とか働いている人は、まぁWIN-WINの関係だったのかな。

後から俯瞰すると虚しく見えるもので、必ずしも有能でない息子のために、親は何でもやるんだなと思う。

別のところでもそんなのは何件も見ているし、そういった身内可愛さが、日本を覆っている限り、日本の将来は晴れとはいかないのではないだろうか。

書評:個人が企業を強くする: 「エクセレント・パーソン」になるための働き方

大前研一氏の著。ヒト・モノ・カネから人!人!人!へ変化した時代を考察した書。個人の働き方に焦点を当てて書かれています。データの裏付けもあり、かなり良書だと思いました。

日本人は正社員という幻想を捨てて、個として強く生きよというメッセージが強く伝わってきます。

日本という船はなかなか厳しい状況にありますが、個人が集まって国家がけいせされている以上、個が少しずつでも変わっていくことにより、この国も少しずつ変わっていくのだと思います。

書評:埼玉にもなにかあるはず

埼玉のよいところを紹介するほのぼのした漫画です。路線図を見るとよく分かりますが、東京<ー>埼玉のラインは多いのですが、埼玉を横に繋ぐラインは少なくて、埼玉の中の人が埼玉を知らないってことも結構あるようです。

例えば所沢の人は大宮とかよく知らないみたいですし、所沢の人も大宮の人も、潜在意識的に東京に憧れているようなところもあるように見受けられます。

そんな埼玉県民の皆さんにこそ読んでもらいたい本かと思います。埼玉県以外の人はニュースにあまり出てこない、行田市の古墳とかなかなか行ってみたくなるところが満載で面白く読むことができると思います。

書評:いいことだけを引き寄せる結界のはり方

若干スピリチュアルよりですが、すらすらと簡単に読める本です。結界というと日の当たっているところと日陰見たく、何らかの境界を示しますが、その結界についての書籍です。

引き寄せの法則で、マイナスなことを引き寄せてしまうのを防ぐためには結界が有効という話です。確かに気のものですが、頭で考えていることと逆のことを潜在意識が想うとそれが引き寄せられてしまうというのは納得できます。それを防止するために結界という概念を使うというのも一理ありかなと思いました。

森友学園問題に想う

最近の森友学園の問題でいろいろなことを考えてしまう。2012年に第2次安倍政権が発足し、現在では第4次安倍政権、7年目である。

そろそろいろいろと棚卸しをしたほうがよいのかもしれない。民主党政権はもうこりごりだという国民の思い、震災や原発事故で失われた国民の命、誇り、希望、国土、それらを回復するために付託した安倍政権であったが、一度見直す時期なのかもしれない。

Twitterを見ていると、右も左も必死に相手を攻撃している。インターネットの普及により情報が氾濫した結果、逆に見たい情報のみが強化されるようになり、多様性が失われているように思う。

右の人は、安倍総理や昭恵夫人は関与してないじゃないかと言う。そして今、安倍政権が倒れたら、株価も下がるし、中国や北朝鮮の脅威に抵抗できないと言う。

官僚が2人死に、籠池氏は半年以上も勾留が続いている。そして財務省の公文書改ざんである。これはどう見ても民主主義の危機であると思う。

日本は独裁国家でないのだから、三権分立の民主国家なのだから、今こそ政府、国会、司法は自分たちの役割を見つめ直し、国民に対して民主主義の姿を見せてほしいと思う。

その結果、安倍政権が倒れても、それが民主主義というものである。元々官製相場の株価が下がろうが、不景気になろうが、外敵の脅威があろうが、これは安倍政権を続けることと何ら関係ないのである。

関係があるとすればそれは国民一人ひとりであり、官製相場ではなく、一人ひとりが懸命に生産性を上げ、国は構造改革でそれを後押しし、国力を上げて日本の力を世界に平和的に示していくことが、外敵から日本を守る手段になろうかと思うのである。

左の人たちにも、単に感情的な憎しみではなく、安倍政権の成果を認めつつ、民主国家として正しくことに当たってもらいたいものである。

中国や北朝鮮のような独裁国家ではなく、韓国のように情治国家でもなく、日本は誇り高き民主国家であることを、内外に示してほしい。

少なくとも僕は国家の構成員の一人として、そのように振る舞っていきたい。